もっと分かる。キド博士の講義メモ

「さらに強化される自動車排出ガス規制」

通常の内燃機関をもつ自動車の排出ガスには、一酸化炭素、窒素酸化物、炭化水素類、黒煙等の有害物質が含まれている。そのままでは大気を汚染してしまうので、各自動車は適切な方法で、排出ガスに含まれている各物質の量を削減するように決められている。

日本では、大気汚染防止法や自動車NOx・PM法、さらには都道府県条例によって規制されている。

Close