もっと分かる。キド博士の講義メモ

「燃料電池の種類」

現在、主には4種類の燃料電池が研究されていますが、ポイントとなっているのは電解質。燃料電池自動車用として研究が進んでいる固体高分子型では、高分子電解質膜を電極でサンドイッチしています。また、固体酸化物型燃料電池は、電解質にジルコニア系セラミックスを使用し、発電効率が高く、大規模発電用として期待されています。

タイプ 固体酸化物型
<SOFC>
溶融炭酸塩型
<MCFC>
リン酸型
<PAFC>
固体高分子型
<PEFC>
電解質 ジルコニア系セラミックス Li-Na/K系炭酸塩 リン酸 高分子電解質膜
作動温度 700〜1000℃ 650〜700℃ 150〜200℃ 常温〜90℃
発電効率 40〜50% 40〜50% 36〜38% 30〜35%
開発状況 実用化間近 研究段階 実用化 実用化間近
主な用途 大規模発電
分散発電
業務用コージェネ
家庭用コージェネ
大規模発電
分散発電
工業用コージェネ
業務用コージェネ
家庭用コージェネ
自動車用
モバイル機器用
Close