特色技術でお客様の期待に応える

ジルコニウム化合物で、さまざまな産業の基盤を支えています

当社では、時代にあわせて必要になる機能をジルコニウムを通して提供してきました。今後も、ジルコニウムの可能性を高める研究開発を続けていきます。

1968年~

電子用途

コンデンサの原料として、部品の小型化、高性能化に貢献

1990年~

自動車触媒

環境への意識の高まりに応え、触媒性能の高い製品を開発

1981年~

ファイン
セラミックス

生体適性、⾼強度、⾼靱性、耐摩耗性などが求められる製品用途として開発

1998年~

燃料電池用途

耐熱性、電気特性を両立する素材としてジルコニウムに注目が集まる

私たちの生活に欠かせない製品の原料、添加剤などを提供しています

ジルコニウムの用途例

産業用途から一般用途まで、さまざまな場面で活躍しています。

自動車用点火プラグ

自動車用
点火プラグ

自動車・二輪車用 ブレーキパッド

自動車・二輪車用
ブレーキパッド

宝飾品

宝飾品

電子ライター

電子ライター

電子部品(コンデンサー)

電子部品
(コンデンサー)

人工歯

人工歯

コーティング剤

コーティング剤

ジルコニウム以外の製品の用途例

ジルコニウム生産における要素技術を活かし さまざまな化合物を開発・製品化しています。

セシウム化合物

セリウム化合物

ランタン化合物

産業用製品

自動車向け部品

エレクトロニクス
製品

産業用製品
自動車向け部品
エレクトロニクス製品

お客様のニーズに合わせ、「湿式法」「乾式法」でジルコニウム化合物を生産できます

製品によって、「湿式法」「乾式法」の2つの製法を使い分けています

「湿式法」と「乾式法」の違い
湿式法 乾式法
主な製造工程 化学反応 溶融、粉砕、分級
特徴 多様な物性要求に対応可能 独自の粉体加工技術で特殊品に対応可能
主要用途 ファインセラミックス、触媒、電子材料 耐火物、ブレーキ材